バーマンアンジオグラフィ

バーマンアンジオグラフィ

血管造影時にバルーンカテーテルを使用することで心筋から距離をおけるため、造影剤の高圧注入による不整脈の誘発や穿孔を低減します。